マドリガル公式通販サイト - MADRIGAL yourline(マドリガルユアライン)

1498-03
ジャパンカーフ製品染め
ダブルライダース

「ミュージシャンモデル」

〜これぞダブルライダース 〜

着た瞬間

ぐっとテンションが上がる

それだけで無敵になれるような

気持ちがドライブし続ける

揺るぎない1着

「オール日本製 原皮〜製品まで」

革はジャパンカーフ。
カーフとは生後6ヶ月以内の仔牛の革を指します。

カーフはキメが細かく、見た目も美しいので高級靴などに使われることが多い革です。
一枚から取れる革の量が少なく、一般的にウェアにもちいる事は少ないです。
繊細な革ですので牛革のショルダーレザーに比べると丈夫さは劣りますが
キメが細かいカーフの触り心地、着心地はカーフでしか得られない、極上なものです。
バックラッシュのウェアを代表する革になるのは当然かもしれません。

バックラッシュの求める革のクオリティー、仕上がりを皮の段階からタンナーと話し合い試行錯誤を重ね作り上げた革がジャパンカーフです。

一言でカーフと言ってもつるっとした表情のもあれば、 シボが立っているものなど仕上げ方で変わります。
こちらのジャパンカーフはシボが立って、自然な革らしい革に仕上げた革になります。

比較的柔らかめで、艶も控え気味でシックな革。
着込むと、自然な艶が出ます。

ファスナーはririのM8。

元々はコレクションにあったモデルですが生産中止になりました。
生産中止後に再販の声が多かったので別注しコーリングのみで販売しております。

「腰のベルト」

「腰のベルトはどうすればよいのか?」

よく聞かれます。

ライダースの前を閉めている時はベルトも閉めて

前を開けてる時はベルトも開けてると自然で良いと思います。

またこの腰のベルトは抜き取れるので抜き取ったまま着用するのもありです。

「ミュージシャンモデルと言われる所以」

ロックテイスト溢れる1品。

ミュージシャンの着用率が高いモデルです。
(キースリチャーズ、レニークラビッツ、INORAN、浅井健一、稲葉浩志)

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLSM


LUNA SEA INORAN

「襟」

ダブルライダースには襟があります。

襟はペタッと寝かせてても良いですが、立たせても良いです。

襟のスナップはボタンで止めるとパタパタしませんが
あえてスナップは止めないのもおすすめです。
ふわっと立体感が出て小慣れた雰囲気を作れます。

ダブルライダースはフロントジップを上まで閉めると表情がまた変わります。

ストールやスクールマフラーをすることで
防寒すると共にレザーのハードさが中和されます。

「裏地」

裏地は袖通しの良いつるっとしたレーヨン。

ライダースを脱いだ時も抜け目なく。

「サイズ感」

ご予約でご購入いただいたお客さま。

ウエスト周りのタイトさが際立つシルエットです。

バックラッシュのライダースはタイトシルエットのものが多いですが
その中でも一番ウエスト周りは絞っているライダースです。

ミュージシャンモデルについては下記のブログでも書いていますので
ぜひご覧くださいませ。
ミュージシャンモデルに関してのブログ

BACKLASH
1498-03
ジャパンカーフ製品染めダブルライダース

  • NEW
  • 予約
  • 別注
¥ 214,500 税込
[ 19,500 ポイント還元 ]
BLACK 9月-10月入荷入荷連絡希望
  • XS 在庫切れ
  • S 在庫切れ
  • M 在庫切れ
  • L 在庫切れ
  • XL 在庫切れ
  • XXL 在庫切れ
BLACK 9月-10月入荷ご予約
  • XS
  • S
  • M
  • L
  • XL
  • XXL

こちらの商品は次回入荷分ご予約商品となっております。
ご購入を決めておられる方はレジカートに入れてご購入くださいませ。
入荷しだい商品をお送りいたします。
売り切れのサイズは入荷前商品になりますので
お支払いはお振り込み、またはクレジットカード決済がご利用いただけます。
Amazon pay、代引きはご利用いただけません。

ご予約は商品代の半額か全額の内金をいただいております。
こちらのレジカートは全額お支払いになっております。
半額ご希望の方は、「商品についてのお問い合わせ」からご連絡下さいませ。

入荷連絡をご希望の方は
「再生産(入荷)ご希望メール」をご登録くださいませ。
入荷次第、入荷メールいたします。

Shop Message

製品染めとは、製品の形にした後に染めることですが 商品として成り立たせるには、とても難しい染め方です。
それが出来るのは、しっかりとした縫製技術があってこそ。

縫製工場は20年以上、革専門でやっています。
通常の生地と革では、素材の硬さ、厚みなど全てが異なるので 使うミシンも、気をつけるところも違います。
縫製の前に、1枚の革をどこをどう裁断するかで出来上がりの雰囲気を左右します。
パッと革を見て、それを判断するのは職人さんの長年の経験によるところ。

お手入れに関して。
元々いいオイルが十分入っているので、お手入れは必要ありませんが 革がお好きな方であれば、手入れをする楽しさも革が好きなポイントですよね。

通常のお手入れはウエスでカラ拭き。
もしくは手で撫でるだけで十分です。
※手の脂と摩擦で艶が上がります。
クリームやオイルを塗ると、元々しっかり入っているところに さらに入るので、入りきらず、革の表面に残り、白い幕のようなものが出来ます。
クリームやオイルを入れる頃合いは、着ていると革の状態がわかってきますので、 そろそろ入れ時かなと思った時に入れると良いです。
※個人的に最初にクリームを入れたのは着用して8年目くらいでした。

雨に濡れた時は濡れた箇所を拭き取り、陰干しするだけで構いません。
革は水に弱いと言いますが、製品染めは水(染料)に漬け込んで 出来上がりますので、水に濡れても特に気にかけることはございません。

出来ればお買い上げ後、着用前に1枚写真を撮っておくことをおすすめいたします。
後々、どれくらい革が変化したのかわかります。

品番 1498-03
素材 牛革 裏地 レーヨン 100%
生産国 日本製 国内正規品