マドリガル公式通販サイト - MADRIGAL yourline(マドリガルユアライン)

1909-03
ゴートタンニン製品染め
モッズコート

「ゴートモッズ」

〜哀愁 〜

「コートは哀愁感が大事」

と誰かが言っていた

誰だったかは覚えていないけれど

肩をぐっと落とし無造作にポケットに手を入れ歩く

一歩ずつ

「アップデートされたモッズコート」

ヴィンテージに忠実にゴートレザー(山羊革)を使用。

細やかなシボが立ち、程よいギラつきがある革です。

しなやかさが持ち味のスムースレザーとは逆のワイルドな風合い。

G-1の原型モデル、戦前M-422Aは1930年ごろのものが
ヴィンテージでも良いもの残っていますが革は山羊革。

当時、軍のフライトジャケットやコート等で
牛革を使うには重量的に重たくなるため
丈夫で軽量、そして水や湿気に強い山羊革素材は格段に採用率が高かったそうです

ゴートモッズは革のコートは重い、という概念を覆します。

「横から見たときも様になる」

フードにステッチが入っているのでしっかり立ち、横から見た時も様になります。

通常フード付きのレザーはこういう風に襟は立ちません。

「ヴィンテージを超える」

袴や袖、エポレットの縁にアタリが出ます。

着込むほどに経年変化が楽しめます。

ブラックはチャコールグレーで製品染め後、ブラックを吹き付け、
あたりの部分を色を落としてヴィンテージ感を出しています。

ブラウンはブラウンで製品染め後、黒を吹き付けで、色を落としています。

バックラッシュの”やるならヴィンテージを超える”スピリット。
ヴィンテージ物でよくある「もっさい感じ」がありません。

当時と今が混ざり合ったスペシャルモデルです。

「サイズ感」

受注会でご来店のお客さま

身長160cm、サンプルのモッズコートはLサイズです。

サンプルの袖は元々かなり長く(量産ではサンプルより7cm短くなる)
着用写真も長く見えますが、着た感じサイズ的にわるくないように見えました。

もちろん肩は落ちていますが、これはこれでありの着方(袖を合わせれば)だなと思いました。

こちらのお客さまはブラックのSサイズをご予約されました。

ゴートモッズについては下記のブログでも書いていますので
ぜひご覧くださいませ。
ゴートモッズに関してのブログ

「ウィズネイルと僕」 という映画

『ウィズネイルと僕』 と言うイギリス映画の中の主人公が
常に着ているのがレザーコート。

1960年代末のことなので服のシルエットは今と違うけれど、
いつでも、レザーコートを着ているところが痺れます。
(それもどこまでも普通に!)

雨が降っていても、傘はささずにレザーコート。
白のブリーフパンツにブーツ、それでレザーコート。
(ガウン代わりに)

レザーコートしかなかった。と、いうのもあると思いますが、
自分と言えば『これ』 と言えるスタイルがあるのは憧れます。

BACKLASH
1909-03
ゴートタンニン製品染め染めモッズコート

  • NEW
¥ 275,000 税込
[ 7,500 ポイント還元 ]
カラー サイズ
BLACK
  • XS 在庫切れ
  • S 在庫切れ
  • M 在庫切れ
  • L
  • XL
  • XXL 在庫切れ
BROWN
  • XS 在庫切れ
  • S 在庫切れ
  • M 在庫切れ
  • L 残りわずか
  • XL
  • XXL 在庫切れ

Shop Message

縫製工場は20年以上、革専門でやっています。
通常の生地と革では、素材の硬さ、厚みなど全てが異なるので、 使うミシンも、気をつけるところも違います。
縫製の前に、1枚の革をどこをどう裁断するかで出来上がりの雰囲気を左右します。
パッと革を見て、それを判断するのは職人さんの長年の経験によるところ。

お手入れに関して。
元々いいオイルが十分入っているので、お手入れは必要ありませんが 革がお好きな方であれば、手入れをする楽しさも革が好きなポイントですよね。

日常のお手入れは防水スプレーとブラッシングで十分です。

雨に濡れた時は濡れた箇所を拭き取り、陰干しするだけで構いません。
革は水に弱いと言いますが、製品染めは水(染料)に漬け込んで 出来上がりますので、水に濡れても特に気にかけることはございません。

品番 backlash-1909-03
素材 山羊革
生産国 日本製 国内正規品
ブランド表記サイズ 参考サイズ
XS XS
S XS , S
M S , M
L M , L
XL L , LL

※自社基準により「参考サイズ」を記載しております。参考サイズにつきましてはサイズガイドをご確認下さい。