backlash

backlash

マドリガル公式通販サイト - MADRIGAL yourline(マドリガルユアライン)

1363-02
カンガルーレザー
ダウンジャケット

「冬の王道モデル」

〜寒い冬も待ち遠しくなる 〜

早く寒くなれと願い

まだ早いのに着てしまい

出かける用事もないのにわざわざコンビニに行ってしまう

なぜか毎年そうしてしまうカンガルーレザーダウン

「カンガルーレザーを使った人気定番レザーダウンジャケット」

極上の柔らかいカンガルーレザーをふんだんに使い
とても軽く、Tシャツ1枚で過ごせるほど暖かいレザーダウンです。
フードが付いているのもポイントの一つ、軽快さがあります。


使っている革は牛革よりも非常に丈夫なクロム鞣しのカンガルーレザー。
カンガルーレザーはサッカーや野球のスパイクにも使われています。
同じ厚みの牛革の約8倍の耐久性、強さがあり、
0,4mm〜0,5mmまで薄くしても強度が保てます。


カンガルーレザーの出処はオーストラリアの北半球、南半球の二ヶ所あります。
北半球には有刺鉄線が多く、野生のカンガルーの傷が多いので、
バックラッシュのカンガルーレザーは南半球のものを使っています。
南半球から国内に入ってくるカンガルーレザーはバックラッシュが全ておさえていますが、
カンガルーの革は牛革に比べると流通量が絶対的に少ないのと、
革自体の面積が小さいのでおのずと生産数が限定着数になってしまいます。

「随所に職人泣かせのデザイン」

カンガルーダウンジャケットのダイヤ柄を出すためのステッチは製品後に付けていきます。
製品の状態で物差しを当てピンポイントでクロスステッチを入れる作業は、集中力とかなりの時間を使います。


フロントファスナーは緩やかにカーブしています。
一見何でもないようですが、職人さんが、これは?!と眉をひそめたデザイン。
ファスナーの性質上、ファスナーはまっすぐ使うもので、曲げることを想定して作られていません。
そのファスナーを、緩やかにカーブした実際の服に落とし込むには、職人さんの熟練したハイレベルな技術がないと出来ません。
国内でもこれが出来る職人さんは数少ないです。

「上質なポーランド産ホワイトグース」

使用しているダウンは上質なポーランド産ホワイトグース。
865FP(フィルパワー)のダウン。

ダウンの品質は、フィルパワー(FP)という単位で表示されますが、
数値が高いほど高品質とされます。


一般的に600〜700FPのものが良質ダウンとされ、
700以上のものが高品質ダウンとされていますが
バックラッシュのホワイトグースダウンは
865FPという更に高品質ダウンを使用しています。


かつポーランド産のホワイトグースは
保温性と透湿性が抜群に高く、その純白度や耐久性も合わせて
世界一と評価されているグースで、ポーランドが国策で品質改良を続けています。
純粋のホワイトコウダのダウンを選び抜いています。


そのため、より多くの暖かい空気(デットエア)を蓄え、
わずかな重量で極めて高い保温性を確保できています。


またダウンジャケットのデザインもダイヤ柄の角のみに
ステッチを入れているデザインですが内側のダウンパックは、
ダイヤ型のキルティングになっており1つ1つのダウンパックが細かいため、
中のダウンが沈んで、ダウンのボリューム感が偏ることがほとんどありません。

「お客さまの声」

秋田県、岩手県、山形県、宮城県と、東北地方へ、
特に「乳頭温泉郷」にどうしても行ってみたく、行ってきました。

が、丁度先週の3月12日、13日は季節外れの大寒波が来ており
乳頭温泉郷は、昼でも気温が0度程度しかありませんでした。

ですので、寒波に備えてカンガルーレザーダウンジャケットを着て行きました。

結果、寒くはあったのですが、
ダウンが非常に暖かく、比較的余裕で過ごせました。

マイナス10度くらいでも
これなら耐えれる、と聞いていただけあります。

何枚か写真を撮ったので、送らせていただきます。

カンガルーレザーなので、雪に濡れても気にせず着ていました。
軽くて肩も凝りませんし、買って良かったなと思います。

「サイズ選び」

カンガルーレザーは丈夫な反面、革の伸縮はあまりありません。

ライダースと同じ感覚で革が伸びるからと思い、タイトなサイズを選ぶと、
ライダースのように伸びず後で後悔するかもしれません。

ジャストサイズをお選びいただけると永く着ていただけると思います。

カンガルーダウンは暖かいのでインナーはTシャツ1枚でも寒さ的には大丈夫ですが、 食事の際、アウターは脱ぎますので、真冬にTシャツ1枚は見た目に違和感があるかと思います。

どの程度の厚みのものを中に着るかで選ぶサイズが変わってきます。

店舗では、中にセーターなど着られることを想定して1サイズ上を選ばれる方も多いです。

痩せている方、鍛えている方、体型でサイズも変わります。
ご自身のサイズがわからない場合は、ご相談くださいませ。

セットアップ / カラーバリエーション

前へ
¥ 209,000 税込
¥ 209,000 税込
¥ 209,000 税込
次へ

BACKLASH
1363-02-BK
カンガルーレザーダウンジャケット

  • NEW
¥ 209,000 税込
[ 11,400 ポイント還元 ]
カラー サイズ
BLACK
  • XS 在庫切れ
  • S 在庫切れ
  • M
  • L
  • XL 在庫切れ
  • XXL 在庫切れ
  • XXXL 在庫切れ

Shop Message

カンガルーの革を使った人気定番レザーダウン。

人気のポイントは、ダウンなのに革。
それでいてとても軽く、Tシャツ1枚で過ごせるほど暖かい。
フードが付いているのもポイントの一つ。

使っている革は牛革よりも非常に丈夫なクロム鞣しのカンガルーレザー。
サッカーや野球のスパイクにも使われています。
同じ厚みの牛革の約8倍の耐久性、強さがあり、0,4mm〜0,5mmまで薄くしても強度が保てます。

ダイヤ型の模様ですが、ステッチで模様出しをしているのではなく、部分部分にクロスステッチをしてダイヤ柄が浮き出るようにしています。
中のダウンパックはダウンが沈んで偏ることがないように、ダイヤ型にステッチが入っています。

使用しているダウンも上質なポーランド産ホワイトグース。
865FP(フィルパワー)のダウン。
ダウンについてもっと知りたい方はこちらを。

縫製工場は20年以上、革専門でやっています。
通常の生地と革では、素材の硬さ、厚みなど全てが異なるので、 使うミシンも、気をつけるところも違います。
縫製の前に、1枚の革をどこをどう裁断するかで出来上がりの雰囲気を左右します。
パッと革を見て、それを判断するのは職人さんの長年の経験によるところ。

お手入れに関して。
通常のお手入れはウエスでカラ拭き。
もしくは手で撫でるだけで十分です。
※手の脂と摩擦で艶が上がります。
クリームやオイルを塗ると、元々しっかり入っているところに さらに入るので、入りきらず、革の表面に残り、白い幕のようなものが出来ます。
クリームやオイルを入れる頃合いは、着ていると革の状態がわかってきますので、 そろそろ入れ時かなと思った時に入れると良いです。

雨に濡れた時は濡れた箇所を拭き取り、陰干しするだけで構いません。

品番 isamukatayamabacklash-1363-02-BK
素材 表地カンガルー革 裏地ポリエステル100%
生産国 日本製 国内正規品
サイズ(cm) 肩幅 着丈 身幅 袖丈
XS 39 58 46 61
S 41 60 48 63
M 43 62 50 64,5
L 45 64 52 66
XL 47 66 54 67,5
XXL 49 68 56 69
XXXL 51 70 58 71

※自社基準により「参考サイズ」を記載しております。参考サイズにつきましてはサイズガイドをご確認下さい。