マドリガル公式通販サイト - MADRIGAL yourline(マドリガルユアライン)

  • トレンチエッグ
  • クリーミーなトレンチコート

トレンチエッグ/ステンカラーsoutiencollar

トレンチエッグ/ステンカラーsoutiencollar

気がつけば
まぶしい季節はどこへやら

しっとり落ち着きだした景色が
胸の奥を小さくつつく

お気に入りを重ねる
そんな楽しみがつまった季節が
到来

「季節の“変わりどき”はいつ?」

そろそろ”変わりどき”なんだってわかっていても、ちょうどいい変わるタイミングが難しかったり、準備が追いついていなかったりして戸惑ってしまいがち。

“季節の変わりどき”となると、いっそう困ってしまいます。
特に秋から冬へ向かう途中は、涼しくなってきたものの、ウールのコートを着るには早すぎて、かと言って羽織りものをしないのも肌寒いし、季節感的に見ても、ちょっと違うと感じてしまいます。

そんな期間はよく”曖昧季節”と言われ、気温も高かったり低かったり色々で、冬本番の寒さまで結構長い期間続きます。

曖昧な秋。

それなら洋服も曖昧なものがあれば、ゆっくり移ろう季節を満喫しながら、ご機嫌に過ごせるかもしれません。

「季節の間も満喫しながら」

分厚いコートはまだ必要ないけれど、カットソー1枚やシャツ1枚じゃ、季節感がマッチしていないようでソワソワしてしまう頃。

そんな「季節は変わったんだ」って気がついたその頃が、羽織ものが必要になるタイミング。秋へのシフトの時です。

「秋のコートの楽しみ」

冬の本番コートは、防寒もあり全体をすっぽり包んでしまうけど、秋のコートは前を開けてその清々しい気候を心地よく感じながら着ることも多く、その分中に着る服とのコーディネートが気になるポイントの一つでもありますよね。

しかも暖かい寒いを繰り返す曖昧な気候だから、中に着る物は、カットソーからシャツから薄手のニット、時にはこんなキルティングベストまで、あらゆるタイプの洋服の上に着ることになります。

そうすると合わせるものを選ばないようなデザインのものが一着あるととっても便利に着ることができます。

そんな便利なアウターが「トレンチエッグ」。

「トレンチエッグ」のデザインはややゆったりめなので、中に着る物のシルエットやボリューム感には幅広く対応してくれます。

お色も、落ち着きだした景色にしっとり溶け込む、ややグレイッシュなベージュ色で気持ちも見た目も秋へシフト。
お素材はコットン素材なので、その日の気温と相談して、中に着込むものを調整したら、真冬以外の秋冬春と長い期間に着ることができます。

脱いだ時にも嵩張りにくく、脱ぎ着も多くなる曖昧気候に扱いやすい点も嬉しいポイントです。

「冷たくなる風から守ってくれる」

だんだんと”肌寒さ”が”寒さ”に変わり、冬を間近に感じる頃でしょうか。
コートは閉じて、肩をすくめることも多くなる。

そんな季節は、冷たくなった空気と風が身にしみます。
だから守ってくれる羽織りものはとっても心強い。

「上向く気持ちにピッタリな羽織りもの」

そして、中に合わせるものはデニムからデザイン性に富んだスカートまで、いろんなコーディネートに上手く、ちょうど良く馴染んでくれるから

涼しくなって、オシャレしたい気持ちもどんどん上がってくる季節の秋に、「トレンチエッグ」は旬の羽織りもの。

「着方のバリエーションで楽しめる」

季節によってはしっかり防寒したかったり、かと思えば風を感じて着たい時もありますよね。
そうなると着方も変わってくるので、バリエーションが持てると機能的にもとっても便利。

「トレンチエッグ」はその点も頼りになる存在。

ダブルのボタンを上まで留めて、ウエストベルトもしっかりと締めてみる。
首元のボタンを開けて、ベルトも前だけ締めて、後ろはラフに解放してみる。
ベルトレスでリラックス。

「かたすぎない」がチャームポイント

「トレンチエッグ」は店頭でもご好評いただいていますが、その理由の一つに「着やすさ」があります。

トレンチコートを探していたお客様が、「なかなか合うものが見つからない」と。

その理由に、しっかりした襟や肩のデザイン(肩章、エポーレット)がガチッとしすぎて、なんだか負けてしまう、、、
それに、もう少し抜け感が欲しくって、と。

「トレンチエッグ」のデザインソースは、実はトレンチコートとステンカラーコートの2つで、そのちょうど間のデザイン。

トレンチコートの存在感ある格好良さ、ステンカラーコートの何にでも合わせやすいシンプルさ、この2つの良いところが合わさって、今の空気を感じるコートに仕上がっています。

肩の力を抜きつつも、しっかり様になるコート。
自然体で着こなしていただけるようなデザインが人気の秘密です。

「シワも魅力に変える」

「かたくない」がチャームポイントの「トレンチエッグ」はまるでシャツのようにも着ていただけます。

曖昧季節に、ワンピースにもう一枚シャツを重ねるように羽織って。

クシュっとお袖を折り上げて

無造作にウエストベルトも締めてみる。

がさっと着ただけなのに、計算されたようにサマになるシルエットやシワ感に。

ペタッとてしまわない素材の適度な張り感や空気感、風合いは、着たときの全体の雰囲気も味のある佇まいに仕上げてくれます。

「普遍的なデザイン」

こだわりがある作りだけど、決して前に出過ぎないデザインは、定番的に着たいなって思えるための要素の一つ。

「トレンチエッグ」はその要素を満たしている、「この先もずっと」と思える普遍的なコート。

出番が多くなるから、いつもまるでショートトリップするようにどこへでも一緒。
いつしか生地がクタッと馴染んできた頃には、たくさんの日々の思い出が積もっているもしれません。

「卵の丸みのようなシルエット」

クールで真面目だなって思っていた人が、ふっ.....とこぼした笑顔にほっとするように、「トレンチエッグ」も正面のクールさとは違って、横から見たらちょっぴり丸みを帯びた優しいシルエットに、いい意味で裏切られます。

空気を含んだら、裾が少し内に入って背中の辺りがまるで卵の丸みのような優しい曲線を描くシルエットに。
そんなところが「トレンチエッグ」の名前の由来でもあります。

着るとほぼ全身をおおうコートは、シルエットで大きく印象が変わりますが、「トレンチエッグ」はそのちょっとの抜け感を大切に作られています。

「スパイス少々な、クリーミーな色」

「トレンチエッグ」の色は定番的に使えるベージュですが、黄味が強すぎないグレージュのようなお色。

ミルクティーほど甘くなく、シナモンティーにミルクを加えたような、クリーミーだけどスパイスの効いた大人味のベージュ。
カジュアルからモードタッチな洋服にまで合わせられるのは、この絶妙なお色の効果かもしれません。

「素材」

オーガニックコットン77%シルク23%。
生地の特徴は、オーガニックコットンとシルクの高密度な織物で、軽くて上品な生地感です。
均一なコットン糸の中に、シルク糸のネップが少し浮き出ていて、とても味わい深い生地。上品な中にも自然な風合いが魅力的。

着用シーズンは、裏地がなく、厚すぎず薄すぎずな生地感なので、曖昧な春や秋以外にもニットなどを着ていただくと冬にも活躍していただけるコートになります。

「ディテール」

生地にとても存在感があるので、裏地や別布を使用せず、完全にこの生地のみを使用した一枚仕立てで縫製されています。
縫製もなるべくステッチが目立たないように幅が細く繊細に仕上げられています。

ボタンには水牛ボタン、バックルと衿フックには真鍮素材が使用されています。
ボタンや金具選びも、生地のイメージに合うもので、上品で馴染みのいい仕上がりをイメージして選ばれています。

「オンの日は、キチンと」

コツコツコツ…大人なヒールの音も似合います。

落ち着いたベージュにシンプルなデザインで、普段はもちろんお仕事にも兼用で着ていかれるお客様も多い「トレンチエッグ」。

5cm高い視界に、背筋もピンと。

「日本職人製」
〜atelier made〜

「トレンチエッグ」は日本の少人数のアトリエで、仕上がりまで丁寧に作り上げられます。
最後のひと針まで目の行き届いた物作りの中で生まれたもの。
時間と手間はかかるけれど、その道のりからは、安心と信頼と、そしてふっくらとしたあたたかさが感じられます。

「楽しみが重なる季節」

シーソーみたいに
寒暖差を繰り返し

お天気と一緒に
気持ちも移ろいがちな季節。

頼もしい一枚があれば
そんな季節も
楽しみが重なる季節に
変わるかもしれません。



soutiencollar

〜繊細なニュアンスを表現する日本製〜

「ふたたび洋服も、ファストからスローへ」

「フォローコート」「おかかえバッグ」をはじめとするsoutiencollarの全アイテムは、国内優秀小規模メーカー、少人数アトリエで作られています。
近年の早い安いの海外大量高速生産に押され、日本製はすでに国内での流通量は全体の2%のみとなりました。
大量生産では出せない、随所に手作業も入る工程による丸みと膨らみ、長年培った技術による人肌感が伝わるひと手間や細工、外見だけでなく安心や優しさもお楽しみください。

soutiencollarのアイテムはこちらから

クリーミーなトレンチコート
2024AW「トレンチエッグ」
「trench egg」
soutiencollar(ステンカラー)

  • 別注
  • 製作中
¥ 82,500 税込
[ 2,250 ポイント還元 ]
  • ベージュ 在庫切れ
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

こちらの商品は2024SSでの予定販売数を終了いたしました。
次回は2024AWでの販売を予定しております。

ご予約開始のお知らせをご希望の場合は「再生産(入荷)ご希望メール]へご登録くださいませ。開始時にお知らせさせていただきます。

お客様都合でのキャンセル・返品・交換はお断りさせていただいております。

Shop Message

「トレンチエッグ」
「トレンチコート」と「ステンカラーコート」のどちらの雰囲気も持つような「トレンチエッグ」。
コートのしっかり感も、抜け感のような絶妙な軽さも併せ持つ、曖昧季節に定番にしたい一枚は持っておきたいコートです。
すっきりとした前身頃と、ほのかに卵のラインのようにふわっとなる後ろのシルエットのコントラストが特徴的です。

使用生地はオーガニックコットン77%シルク23%。
生地の特徴は、オーガニックコットンとシルクの高密度な織物で、軽くて上品な生地感です。均一なコットン糸の中に、シルク糸のネップ(糸の繊維が絡んでできる節(ふし)のようなもの)がところどころ浮き出ていて、上品な中にも自然な風合いと味わいのある生地となっています。

生地をたっぷりと使った切り替えの少ないシンプルなパターンで、着用時の落ち感やラインがとても美しく仕上がっています。また、ラグランスリーブのゆるりとした曲線と大きめな衿、ゆったりとしたラインとシャープなラインの対比がメリハリを産んでいます。

さっと羽織ってかっこよくも着ていただけ、ウエストベルトでコンパクトに締めてきっちりとも着ていただけます。お客様の着方によって、その人らしくイメージが付けられる使い勝手の良いコートです。

こちらの生地にはとても存在感があるので、裏地や別布を使用せず、完全にこの生地のみを使用した一枚仕立てで縫製されています。縫製もなるべくステッチが目立たないように幅が細く繊細に仕上げられています。

着用シーズンは、裏地がなく、厚すぎず薄すぎずな生地感なので、曖昧季節以外にもニットなどを着ていただくと冬にも活躍していただけるコートになります。

ボタンには水牛ボタン、バックルと衿フックには真鍮素材が使用されています。 ボタンや金具選びも、生地のイメージに合うもので、上品で馴染みのいい仕上がりをイメージして選ばれています。

「トレンチエッグ」はsoutiencollar×Eatable of Many Ordersの別注品となります。
「トレンチエッグ」はfactory madeの商品となります。

「トレンチエッグ」のことをもっと知りたい!
そんな方はこちらの記事もぜひ。

「こだわりのあるものが好きです。」

秋から始めるコート

ほんのちょっとの

「トレンチエッグ」記事まとめ

品番 soutiencollar-trenchegg
タイプ WOMEN
カテゴリ コート
素材 オーガニックコットン77%シルク23%
ボタン:水牛
バックル、衿ホック:真鍮
生産国 日本製(全工程国内生産)
タグ
サイズ 着丈 バスト ウエスト ヒップ
118cm 120cm 126cm 135cm
裄丈 袖丈 袖幅 袖口幅
81cm 71.5cm 50cm 31.5cm

※裄丈は後ろ衿下センターバックから袖口までの長さ、袖丈は衿ぐりから袖口までの長さになります。

※価格は予告なく変更する場合がございます。

「純国内生産(日本製)商品について」

純国内生産の洋服は国内での全体流通量の2%を切りました。
近年の原材料、副資材料、輸送費、電気代、輸入コストの上昇を期に、高齢に伴う職人の引退、後継者不足で日本国内の工場の自主廃業が相次いでいます。
工場の減少における集約化に伴う需要増で納期の遅延や値上げが予想され、この先、国産品の厳しい状況は続いていく見通しです。

弊社は今後も純国産ならではのクオリティにこだわって参ります。

Review

5.00
10
  • 購入者
    40代 女性
    投稿日
    冬の終わり頃から着ることができるベージュ色のロングコートを探していましたが、なかなかしっくりくるものに出会うことができませんでした。昨年、マドリガルでトレンチエッグコートを見つけてこれだ!と思いましたが、お値段の高さに購入を迷い1年が過ぎました。その後、色々なお店でコートを見たり試着したりしましたがトレンチエッグを超えるものに出会うことができず、勇気を出して購入。水牛ボタンや真鍮をさりげなく使い、丁寧に作られているコートを見て値段の高さに納得。実際着てみると、薄手で軽い生地ですが風を通さないので3月の寒い時期でも問題なく着ることができました。末長く愛用したいと思います。
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    3年前くらいからステンカラーコートが欲しと探してましたが、襟の感じ、丈の長さ、全体のシルエット、などなど、何かピンと来る物と出会わず、購入を見送ってました。たまたまインスタでこのトレンチエッグに出会い、これよ!これ!と、ピン!ときました。 トレンチコートとステンカラーの良さを合わせてもった、いい所取りのコート。 写真にある衿元の鍵ホックだけを止めて前のボタンはオープンにした着こなしに強く惹かれていたので、早速その着方をやってみました!広がりすぎず、丈の長さといい、カッコいい〜! 予算はオーバーしてましたが、これを逃したらもう2度と会えないと思い、数日考えて購入を決めました。3年待った甲斐がありました! 到着時、深い折り皺があり、心配しましたが、蒸気を当てたらすぐに消えました。
  • 購入者
    50代 女性
    投稿日
    昔からトレンチコートが好きで色んな形や色の物を着てきました。しかし、50歳を超えた頃からあのカチッとした形が似合わなくなり、これからどんなコートが似合うのなと探していたところ、インスタでトレンチエッグを見つけ「これだ!」と。ネーミングにも惹かれ、詳しく見ていくうちにハマりました。 実際着てみるととにかく軽い。裏地がありませんが大きめな作りなので着やすいです。生地も表情があり素敵。そして一番感動したのは仕立てです。身頃裏側の端の始末が丁寧に折り込まれています。そのため引っかかりませんし丈夫です。とても細やかな仕立てです。 今までは太く見えるからとトレンチの前を開けて着ていたのですが、このコートは太く見えませんし後ろ姿もフワッとしてかわいいです。 これからは着こなしのバリエーションが増え、オンオフどちらも楽しめそうです。 私にとっては高価なお買い物でしたが購入して大正解でした。これからも大切に着ていきます。
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    このコートは形、ベルト使い、生地などが少しだけ個性的なのがいいです。ベージュは色味が難しいので少し心配でしたが、シナモンベージュといった感じで顔映りもよく、中に着るものは中間色より白や黒などが洒落て見えると思います。またあまり使っていなかった山吹色のカシミヤストールが合うので嬉しいです。3月は寒い日もあるのでニットに重ねて暖かく気分は春という感じに着たいですが、秋にはタータンチェックを合わせたりもいいかなと思います。
  • 購入者
    埼玉県 40代 女性
    投稿日
    オンラインでの購入としては勇気のいる価格だったので、数ヶ月はサイト内をウロウロとし、この度勇気を奮って購入しました。大阪に行く機会があれば直接確認をしたかったのですが、叶わず。届いた時はかなりドキドキしながら開封しました。色が一番懸念していたのですが、想像通りで安心しました。私は身長が156センチとそれほど高くないので、しっかりロングですが薄手で軽いので重みは感じません。下にダウンを重ねるなどすれば冬の入口まで着れそうです。

【レビュー企画】2000ポイント進呈

2024年7月31日までにレビューを投稿していただいた方全員に、2000ポイントを進呈させていただきます。

※一部商品はプレゼントの対象外となります。

詳細はこちら>>>

レビューの投稿方法

本ページの「レビューを書く」をクリックして、各項目(ニックネーム、おすすめ度、レビュー本文、投稿日 など)にご記入いただき、最後に「登録」ボタンを押してください。

  • ※レビュー投稿は会員限定になっております。レビュー投稿の前に会員登録をお願いいたします。
  • ※レビューは200文字以上でお書きいただきますようお願いいたします。(200文字未満は特典の対象外とさせていただきます。)
  • ※レビュー投稿は、1商品につき1回のみです。
  • ※ご投稿のレビューが実際のページに反映されるまでに数日程度お時間を頂戴いたします。