マドリガル公式通販サイト - MADRIGAL yourline(マドリガルユアライン)

ただ今ポイント3%還元中
(カード決済・AmazonPay対応)

「空っぽのかごに何を入れましょうか」


~見たことないこの夏の思い出に~



何か予感がする


いろんなシーンがあった


たしかに夏は写真の枚数も多い



今年の夏は・・・。



そんなときに持っていたいカゴバックたち。

Recommend

  • パームバッグ


    汗いっぱいの夏
    ”気軽なバッグ”ってあると嬉しいですよね。

    公園へ...
    海へ...

    ペットボトル、タオル、着替えのTシャツ...
    荷物をたくさん詰め込んでも
    全て受け入れてくれる頼もしい「パームバッグ」。

    水滴、手にかいた汗、付いてきた砂、ジメッとする湿気
    そんな夏日のちょっと困ったオプションにも
    「パームバッグ」なら大丈夫。
    気軽に便利に夏の1日を楽しむために。

    → Blogでも紹介しています。

  • パニエバッグ


    ナチュラルな中にも洗練された雰囲気のかごバッグ。

    自然の中でも、街中でも似合うのは
    ピリッと効いた黒のアクセントのおかげ。

    ロープの持ち手は夏の気分もワンランクアップ。
    ペットボトルやタオルなど、何かと荷物が増える夏。

    たっぷり入る容量も、肩がけできるから荷物も持ちやすい。
    中が見えないように目隠しは巾着になっていて
    ちょっと気遣いも嬉しいバッグ。

  • 小振りバッグ


    おしゃれして家を出るときは
    品良く、雰囲気良く
    バッグは腕に掛けて楽しみたい。

    夕方5時
    気力も体力も疲れる頃は
    バッグは肩に掛けたい。

    そんな1日の味方「小振りバッグ」。

    上質なカゴ素材”紅籐"の重厚感と風合いの「小振りバッグ」は、
    持ちやすさだけでなく
    カゴ素材だけど、ナチュラルな印象におさまらず
    大人な印象のコーディネートに仕上げてくれます。

    適度な大きさ、丸みを帯びた形が
    これからのシーズンの薄い素材の洋服にも重すぎず
    バランスも好相性。

    → Blogでも紹介しています。

  • トライアングル


    夏らしい爽やかな素材も好きだけれど
    レザーのかっこよさも、永遠に好き。

    そんな2つの思いが交差したバッグ。

    クールに過ごしたい夏もある。
    ジャケットで過ごしたい夏もある。

    背筋をピン、と。
    そんな気分の日に。

「どこかへ置き忘れないように」


~身につけていることをいつも感じたい~



まるで子供の頃に拾った貝殻のよう

記憶をたどれば、あの日砂浜で拾ったような...


忘れてしまったアクセサリーは

いま何処にあるんでしょう

Recommend

  • 足元を飾って


    素足に映える、シルバーとブロンズの輝きが
    歩くたび、さりげないアクセントに。

    アンクレットは、夏の楽しみ。

    足元キラリで気分も女性らしさもアップ。

  • 思い出の貝殻


    小さな頃に砂浜で拾った貝殻は
    大切な宝物になって

    時を経て、また目にした時には
    幼い頃の思い出ばかりが蘇って

    もどらない暑かった日が
    ちょっと切なかったりします。

    なんでも宝物になっていた
    キラキラした子供心をちょっぴり思い出します。


  • お守りのように


    幾世紀にも渡り受け継がれて作られているレザーのアクセサリー。

    時とともに自分だけの1点もののように変化して
    愛着もどんどん増していきます。

    気がつけば、肌身離さず
    まるでお守りのような存在に。


  • 揺れては、輝いて


    胸元で、揺れては離れて。
    揺れては、肌に反射して。

    香水がふわっと一瞬香って
    しばらく脳裏に残るように、ふっと思い出すように。

    さりげない輝きを持っている女性って素敵です。


「涼しい羽織りもの」


~夏と楽しく過ごすために~



お肌を優しく守りつつ


夏ならではの季節感も楽しめたら



重ねても、すっきり涼しげに見える


夏日に持っておきたい


長袖や日よけのストールなど集めました

Recommend

  • “一枚で多様に” スペシャルな日常着


    "夏でも涼しい長袖" としてもロングセラーな「ラバリジャケット」。

    ブラウスとして着たり、前を開けて羽織りもの代わりにしたりと
    2wayの着こなしができることでコーディネートの幅の広い一着。

    便利なだけではなくて
    その一枚をまとうだけで、日常の気分も潤うよう。
    春夏は特に「ラバリジャケット」の旬のシーズンです。

    → Blogでも紹介しています。

  • 巻いたり、羽織ったり


    時にはストールに、時には羽織りものに。
    自由に使えるから、その日のコーディネートを選ばす
    いつでも活躍。

    バッグに小さくたたんで忍ばしておけば
    冷房対策や、日よけが必要な時にぱっと取り出せてとても便利。

    肌に触れるか触れないかの生地感は
    湿度の高い日もサラっとしていて心地が良いです。

  • 空気のような透明感


    まるでベールに包まれたような透明感は
    重ねて着る事でより涼しげに見せてくれます。

    思いきり夏気分の洋服と合わせても
    きれいめな洋服と合わせても
    どちらにも相性が良く
    ガラリと雰囲気も変えられる事で
    洋服としての楽しみが詰まっている一着。

  • 涼やかカラー


    夏だからこそ映える、ペールトーンのブルー。
    水色でもなくパープルでもなく、絶妙な色は大人の印象。

    ガウンのように引っ掛けてラフに着ても
    どこか上品にまとまるのは
    この色のおかげかも知れません。

    夏のリゾートから、街へのお出かけまで
    Tシャツに羽織るだけで
    ちょっと新鮮な着こなしが完成できます。

  • ワンピースと羽織りの2つの持ち味


    軽装になる夏場。
    いつも同じようなコーディネートばかりになってしまいがち。
    たまには気分を変えたくなります。

    そんな時には、ロングシャツを加えてみるのもおすすめです。

    カットソーとパンツのシンプルコーディネートに羽織ると
    夏でも重ね着が楽しめて
    ボタンをとめてワンピースとしても着られます。

    リネン素材で涼しげなので
    夏でも露出が気になる時にパッと羽織れて重宝な一着。

    → Blogでも紹介しています。

「夏でも、サラサラ」

〜心地よく夏の一歩を踏み出す〜



軽くて、涼しくて

肌に触れてもサラサラ気持ちがいい


夏でもお仕事で、きちんとしないといけない日から

休日のリラックスな日まで…


真夏日にもきっと定番になってくれる

そんなパンツを集めました。




Recommend

  • 定番にしたい楽ちんパンツ


    パンツのフロントにデザイン効いたラップパンツ。

    定番ではけつつもちょっとしたデザインが嬉しい。
    Tシャツにパンツといったシンプルなコーディネートも気分が上がりそう。

    裾にかけて細くなったシルエットは
    すっきりとした仕上がり。

    ハリと光沢感で上品さも兼ね備えた
    大人も履ける楽チンパンツ。

  • 時にはメンズライクに


    メンズパンツを履いてるような
    ちょっと男前なパンツ。

    メンズライクな印象の中に、
    きゅっとウエストがマークされている事で女性らしさがより際立つ。

    女性の魅力が見え隠れした大人なパンツ。

    リラックスムードをあたえてくれる
    太めのシルエットは
    ストンとした、良い加減のボリューム感。

    セミワイドのストレートシルエットで トップスを選ばないバランスのパンツです。

    → Blogでも紹介しています。

「夏の匂いと足元」


~夕立と陽射しを迎えに~



夏の予感に

足元にきらびやかさを


出かける前に一度

履き替えてみてください

Recommend

  • アクセサリーのように

    楽チンなペタンコシューズでもオシャレがしたい、
    そんな日のためのシューズ。
    ヒールがなくても、気分をグッと上げてくれます。

    シルバーは幅広いコーディネートに色合わせもしやすく
    アクセサリーのようにさりげなくアクセントになってくれます。

  • 素足が気持ちいい

    "夏の定番靴"といえば、エスパドリーユ。
    猛暑の中でも大活躍してくれる素足で履けるシューズ。

    その夏の定番シューズも、
    リップ柄でちょっと差のつくコーデッィネートに仕上がりそう。

    シンプルになりがちな、デニムにTシャツスタイルも
    足元をポイントにオシャレが楽しめそうです。

「自転車で遠出」


~受ける風がすこし心配~



空色と緑
そして
麦わら帽子の三色


混ざり合って
夏の景色に


ボウシとハットその中間の雰囲気をもつタイプを

集めてみました

Recommend

  • 「ペーパーハット」


    日差しのきつくなる季節に毎日必要になってくる帽子。

    でも時には
    室内では脱いでおきたい
    夜の帰り道でもバッグの中になおしてしまいたい...
    そんな時も、あります。

    かぶったり、かぶらなかったりを繰り返す帽子は
    たためるととても便利。

    ペーパーハットは、たためる帽子。
    日よけに選びたいつば広ハットだと、特に便利ですね。


    → ペーパーハットの関連Blogはこちらから。

  • 「スウィートアート」


    オレンジの明るい色がポイントのハットは
    一見可愛らしそうで、実はかぶるとちょっぴり男前。

    その秘密は、ブリム(つば)の形。

    後ろとサイドは短めに、前は少し長めにと
    絶妙にデザインのエッセンスが入っていて
    かぶるとありそうでなかった雰囲気に仕上がります。

    日よけにつば広ハットを探しているけれど
    自分には可愛く仕上がりすぎるかな、とか
    ちょっとスパイスが効いたハットを楽しみたい方へ
    オススメのハットです。

  • 「キャペリン」


    「キャペリン」は初めてにも優しい帽子。

    かぶり慣れないとどんどん遠い存在になっていくのが帽子。
    似合っているのかわからないと違和感ばかりで
    自信も持てず、また遠い存在になってしまったり。

    でも「キャペリン」はかぶった瞬間に落ち着きがよく
    スッと馴染んでくれたんです。

    従来の帽子の作り方ではなく、
    作り手独自の「かぶりやすい帽子」を追求した
    概念のもとに職人と作り上げている帽子は
    きっと新しい景色を見せてくれるはずです。

  • 「キャノチエ」

    「キャノチエ」とはフランス語で、カンカン帽のこと。
    帽子もコーディネートの一つ。
    そんなちょっぴり存在感が欲しい時に。

    清涼感のある素材で、涼やかな印象の
    カンカン帽。

    最後の仕上げに添えてみてください。




  • ちょっといいカットソー家着にならない。こだわったのはシルエットと素材

Recommend

  • お出かけ着になるカットソー

    普通のカットソー1枚だとなかなかお出かけ着になりにくいですが、袖のカットにデザインが入っていたり、生地感が滑らかだったりと大人が着れるカットソー。

    気分的にはブラウスを着ている感じに近い気がします。

    “パフスリーブ” といってもいわるゆギャザーの入ったパフスリーブではなく、甘くないところも人気のポイント。

    ボトムを選ばない嬉しい1枚です。カラーは「OFF WHITE」と「BLACK」の2色がございます。

    → Blogでも紹介しています。

「これ一枚」
~すっぽり便利でラクラクおしゃれ~

MADRIGALがお伝えしたい “ワンステップウェア”

ワンピースは持っています。
シャツは気取ってて照れくさい…

そんな方にご提案。

シャツほどかたくなく
ワンピースよりドレッシー。

Recommend

  • 万能リネンシャツワンピース

    丈感とゆったり加減も絶妙の、羽織として気軽にTシャツの上に羽織るのも良し、1枚でトップスとしてボトムスにインしても良しの万能シャツワンピース。

    生地感とよく考えられたパターン(型紙)のおかげで、“野暮ったい”も避けられてスッキリとした大人のカジュアルが楽しめます。真夏の日差しよけとしても、ちょうど良い1着です。

    落ち着いたピンクベージュのお色味は落ち着きのある女性らしさと上品さを引き出してくれるカラー。涼しげなリネン素材を使用し、ボタンは上質な貝ボタンを使用しています。

    → Blogでも紹介しています。

  • 大人の定番「カフタンドレス」

    風をふくんでふんわりと広がるシルエット。そのまま1枚でさらっと着ても、ウエストマークして着ても◎。

    計算されたシンプルだからこそ、どんな着こなしも様になり、着心地良い。着れば着るほど肌に馴染むコットンワンピは着るだけで大人ナチュラルスタイルを完成させます。

  • 夏でもサラっと。シルク素材の快適「ラップガウン」

    手紡ぎの糸を手で織った「カディシルク」を使用し、繊細な風合いと抜群の肌触りの良さが魅力です。

    ワンピースとして着たり、羽織りに重ね着してもお使いいただけます。左右の身頃を重ねて紐で結ぶ仕組みなので、サイズの調整が可能です。

    クルクル丸めてバッグに入れて持ち運ぶことも出来るので夏の羽織りとしてもピッタリな1着です

    → Blogでも紹介しています。

  • ランチからセレモニーまで。ちょっとよそ行きワンピ

    “式”のつく色々な行事に使える便利な洋服。
    それ用だけじゃなく、式典、カジュアルシック、ドレスコード までその全てを満たす一着。友達にさりげなくいいね、と思われる そんなセレモニーアイテム、「ブラックドレープ」ワンピース。

    7分袖なので1枚で着ても、ジャケットやカーディガンとも合わせても◎。
    アクセサリーをあしらい、お誕生日や記念日といったパーソナルなお出かけやデザインの効いた小物や色味のある洋服と 合わせて遊びにも。様々なオケージョンで着まわしが何通りも楽しめます。

    → Blogでも紹介しています。

  • 羽織れる上質ワンピース

    ワンピースとして1枚で着ても、コートのように羽織りとしても着れる便利服。

    たっぷりの生地感ですが、すっきりとしたAライン仕立てで全体のシルエットが重たくなることもありません。

    肌触りの良いコットン素材しているので、着こなし次第で年中お使いいただけます。

    中に着るものを選ばず、気になるボディラインもカバー。
    すっぽり被るだけ、便利でサマになる1着です。

    → Blogでも紹介しています。

Feature

Shop

  • ムジーク

    • 住所 / 〒662-0075 兵庫県西宮市南越木岩町6-5 1F
    • TEL / 0798-70-9091
現在登録されている商品はありません。